脳内お花畑を実現するために

サラリーマン兼業ライター江良与一 プロブロガーへの道

英語学習

今年3度目にして最後のTOEIC受験

皆さま大変ご無沙汰をいたしております。 自称、サラリーマン兼業ライターの江良与一でございます。ここのところ、活動が全くできておらず、依頼された仕事の納期は2度も延期するわ、11月はこのブログを一本も更新できないわで、どこがライターなんじゃゴル…

今年二度目のTOEIC受験

私が奉職している会社は、海外の会社を買収したこともあり、建前上は社員はすべて英語を使えるようにしなさい、されています。どこやらの企業のように、社内の公用語を英語にするなどという極端な状況にはなっていませんが、部署によっては英語が使えるのが…

はじめまして。江良与一です。

はじめまして。在宅でできる文筆業だけで食える状態を目指して日夜試行錯誤を繰り返している 江良与一(えら よいち)と申します。 このブログでは、三つの目的を持ってさまざまなことを試していこうと考えております。 第一の目的は「WordPress」を使いこな…

支離鬱々日記Vol.152(お題にのってみる)

ここ数年、私が奉職する企業は英語の学習に熱心だ。海外の会社を買収したこともあるし、もとより海外より輸入した商品を扱っていることもあり、どこやらの企業のように社内の公用語を英語にしようとまではいかないが、とりあえず、英語を喋る人から電話がか…

2021年私的10大ニュース+漢字一文字

自分の中では「年末に必ずやらねばならぬこと」となっているその年の私的な10大ニュースの列記と、その年を表す漢字一文字の選定企画、今年も実施したいと思う。 10位 巨人シーズン3連覇ならず 前半はそれなりに調子が良かったが、野手陣には怪我人が相次ぎ…

支離鬱々日記119(今年四度目のTOEIC受験と8月の終わり)

昨日、会社主催のオンラインのTOEICを受験した。「紙」の受験二回と、オンライン受験が二回目で、都合、今年四度目の受験となる。 オンライン受験の度に思うが、とにかく楽だ。時間は短くて済むし、いちいちマークシート塗りつぶさずに済むし、好きな時間に…

支離鬱々日記105(お題『自分からやらねば何も身に付かず』とスモーク退団と東京五輪とコロナ禍の盛り場)

今週のお題「575」 私の部署の難関私大スポーツ入学の腐り脳筋弱り毛根野郎が自らの英語学習のやる気のなさの原因を私に転嫁しようとしてきたのにブチギレて、その後一切のコミュニケーションを断絶し、TV会議の場でさえ、そのバカが発言する際はあからさま…

支離鬱々日記102(今年三度目のTOEIC受験と季節の変わり目)

TOEICテスト公式問題集 新形式問題対応編 作者:Educational Testing Service 国際ビジネスコミュニケーション協会 Amazon 今朝、オンラインで今年三度目となるTOEICを受験した。オンライン受験のいいところは、ネット接続下のPCかタブレットが用意できれば時…

支離鬱々日記90(差別的表現の告発とTOEICの結果と家買うシリーズ12回目)

東京オリンピックは開催自体もゴタゴタしているが、運営組織もゴタゴタのしっぱなしだ。女性差別発言による組織委員会の会長交代に続き、今度は開会式と閉会式の演出を取り仕切るクリエイティブディレクター氏が、渡辺直美氏の容姿を侮蔑する演出を企図して…

支離鬱々日記85(姪っ子とTOEICとドラマでニヤニヤ)

生後10ヶ月の姪っ子ちゃん、また一つ進化した。ハイハイで前進できるようになったのだ。 今までは、後退することしかできず、しばしば椅子の下などに潜り込んで、さながら「充電状態のルンバ」みたいな様相を呈していたのだが、いきなりかなりのスピードで前…

支離鬱々日記83(窓際サラリーマンは惑い、狼狽える)

先日、今年1年の業務について上司とすり合わせをする機会があった。 業務全体に関しては、内容、量とも昨年と変更なし。ただし、部署全体で人手が足りないという空気が漂っているため、2ヶ月後の大規模な人事異動を踏まえ、ある程度業務が増えることも示唆さ…

支離鬱々日記76(家買うシリーズ2とその他もろもろ)

巣ごもり生活が始まって以来、朝起きて最初の作業は、ベランダのハーブ類への水やりだ。洗濯乾燥機兼除湿機のタンクに溜まった水をジョウロに移し替えて、プランターの上からたっぷりと注ぐ。注いだ瞬間に、ふっと花の淡い香りが漂う。科学的に考えると、水…

努力するものは、楽しむものに勝てない『英語多読 すべての悩みは量が解決する!』読後感

英語多読 すべての悩みは量が解決する! 作者:繁村 一義,酒井 邦秀 発売日: 2018/07/17 メディア: Kindle版 何度かこのブログでも書いているが、私の本年初の担当業務は所属部署内の英語学習の推進だった。その後紆余曲折を経て、現在英語学習推進は私の業務…

支離鬱々日記58

ラス前の『半沢直樹』実に面白かった。 前半部分の大和田と半沢の掛け合いなんかはほとんど真面目な顔をしてやるコントだ。結構シリアスに半沢が大和田に銀行の不正の事実を糾すシーンだったのだが、双方の演技があまりにもオーバーすぎて、ストーリー展開と…

最初にして最大の一歩は「自発的学習者」となること 『英語学習法に悩むのをやめる本』読後感

英語学習法に悩むのをやめる本 一生モノの独学力、手に入れませんか? EJ新書 (アルク ソクデジBOOKS) 作者:新多 了 発売日: 2020/06/08 メディア: Kindle版 以前にもこのブログに書いたが、私の現在の業務の一つは、所属部署メンバーの英語力の向上である。…

英語学習最初の関門はTOEIC受験を申し込む事『社会人英語部の衝撃』読後感

社会人英語部の衝撃―TOEIC(R)テスト300点集団から900点集団へと変貌を遂げた大人たちの戦いの記録 作者:清涼院 流水 発売日: 2014/08/22 メディア: 単行本 私が今年、会社から与えられたミッションは部署メンバーの英語力アップとExcelの習熟度のアップであ…