脳内お花畑を実現するために

サラリーマン兼業ライター江良与一 プロブロガーへの道

アメリカ

トランプの対立候補が女性になりそうな今だからこそ読んでおきたい一冊 『世界史の中のヤバい女たち』読後感

世界史の中のヤバい女たち (新潮新書) 作者:黒澤 はゆま 新潮社 Amazon こんな本買ってたっけ?と思いながらKindleのライブラリーから引っ張り出した一冊。題名の通り、世界の歴史の中で「戦う女」として名を馳せた人物10名を紹介している。 恥を忍んで告白…

興行的に大コケしたのが納得できる作品 『バビロン』鑑賞記

バビロン ブルーレイ+DVD (ボーナスブルーレイ付) [Blu-ray] ブラッド・ピット Amazon 主演にブラッド・ピッドを配し、『ラ・ラ・ランド』のデイミアン・チャゼルが監督を務め、アカデミー賞狙いで製作されたのが標題の作。人気者とヒット作の監督とのコンビ…

ニコラス・ケイジと船越英一郎はやっぱり似ている 『マッシブ・タレント』鑑賞記

マッシブ・タレント [Blu-ray] ニコラス・ケイジ,ペドロ・パスカル,シャロン・ホーガン,リリー・シーン Amazon アメリカ映画界の船越英一郎ことニコラス・ケイジが「自分自身」を演じたコメディー映画。 つい最近まで船越氏は『テイオーの長い休日』という、…

一般人の尺度では測れないアーティストたちの行状 『不道徳ロック講座』読後感

不道徳ロック講座(新潮新書) 作者:神舘和典 新潮社 Amazon Yahooがよくやっている、書籍抜粋企画をチョイ読みして衝動DLして一気に読んでしまった一冊。ロックミュージシャンたちのぶっ飛んだ行状を蒐集してある。 章立ては「性」、「薬」、「酒」、「貧乏…

最初に生じた違和感が最後まで消えなかった西部劇の「古典」 『抜き撃ち二挺拳銃』鑑賞記

抜き射ち二挺拳銃(字幕版) オーディ・マーフィ Amazon 久々のUSB-HDD録り溜め腐りかけ映画鑑賞は、ドン・シーゲル監督による標題の一作。ど真ん中の西部劇だ。 西部劇というからには、舞台はゴールドラッシュに沸く開拓時代のアメリカ。砂金の採掘場には何…

結末の苦さは「程よかった」ものの… 『地獄の7人』鑑賞

地獄の7人 [DVD] ジーン・ハックマン Amazon USB-HDD録り溜め腐りかけ映画鑑賞シリーズその6は、戦争を題材にした作品の中では名作の誉高い標題の作。正確にはベトナム戦争を描いた戦争映画ではなく、ベトナム戦争後、ベトナム軍の捕虜になっていた米兵を救…

ひたすらジャン=クロード・ヴァン・ダムを鑑賞すべき作品 『マキシマム・リスク』鑑賞

マキシマム・リスク [Blu-ray] ジャン=クロード・ヴァン・ダム Amazon USB-HDD録り溜め腐りかけ映画鑑賞キャンペーンの一環として鑑賞したのが標題の作。 ストーリーはあってなきがもの。フランス、ニースの狭い路地で派手なカーチェイスの末に、崖からぶっ…

観るものの考え方によって毀誉褒貶が激しいダークヒーローの物語 『戦うパンチョ・ビラ』鑑賞

eiga.com USB-HDD録り溜め腐りかけ作品鑑賞シリーズその4。あまりに古いうえに、需要もないようで、アマゾンの商品検索には引っかからなかった。まだ髪の毛がふさふさしているユル・ブリンナーの主演作品。メキシコ革命時に、革命軍の急先鋒として大暴れし、…

時に無知は何より強かったりする 『不死身の保安官』鑑賞記

不死身の保安官 [DVD] ケネス・モア Amazon USB-HDD録り溜め腐りかけ作品鑑賞キャンペーン第3弾は西部劇。最近NHKBSのプレミアムシネマは西部劇と時代劇しかやってない気がする。まあ、レンタル屋との棲み分けという意味では懸命な選択だとは思うが。 物語は…

未曾有のパンデミックを経験した今観ると何やら意味深 『アウトブレイク』鑑賞

アウトブレイク [Blu-ray] ダスティン・ホフマン Amazon USB-HDD録り溜め腐りかけ作品鑑賞の一環として観た一作はパンデミックを題材としたサスペンス作品。やさ男役が多い(※あくまで個人の感想です)ダスティン・ホフマンが珍しくタフな男を演じている。 …

映画の本筋とは別のところで考えさせられてしまった一作 『エネミー・ライン』鑑賞

エネミー・ライン [AmazonDVDコレクション] [Blu-ray] オーウェン・ウィルソン Amazon 2001年公開の米映画。ボスニア・ヘルツェゴビナ紛争終了間際の同地における空軍大尉の脱出劇を描く。 主役のクリス・バーネット大尉を演じるのはオーウェン・ウィルソン…

秩序と平安を取り戻した後に街を去る保安官は正統派のトリックスター 『ワーロック』鑑賞

ワーロック [DVD] リチャード・ウィドマーク Amazon リチャード・ウィドマーク、ヘンリー・フォンダ、アンソニー・クインという当時の三大スター競演という謳い文句が躍る西部劇。1959年の作品だ。 題名の『ワーロック』とは舞台となる街の名前である。この…

日本人の文章の「均一性」は没個性の象徴か?それとも基礎教育力の高さか? 『嘘みたいな本当の話』読後感

嘘みたいな本当の話 [日本版]ナショナル・ストーリー・プロジェクト 作者:内田樹,高橋源一郎,ほしよりこ イースト・プレス Amazon 仏文学者にして武道家でもある内田樹氏と作家高橋源一郎氏のセレクトによる題名通りに「嘘みたいな本当の話」を集めた一冊。…